SPYDでどのくらいの配当金をもらえたか?(2022年3月)

SPYDで配当金をいくらもらえたかという記事になります。なお2022年6月の配当金については以下の記事をご覧ください。

SPYDでどのくらいの配当金をもらえたか?(2022年3月)

SPYDとは?

まず、SPYDとはどのようなETFであるかの概要です。

名称SPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETF
ティッカーSPYD
設定日2015年10月21日
ベンチマークS&P 500 High Dividend Index
総経費率0.07%
分配頻度四半期毎
組み入れ銘柄80

高配当ETFといえば、SPYDですよね。

2022年3月19日現在で、ステートストリー社のページでは、ファンドの配当利回り「3.56%」と記載されています。

配当金履歴

2020年3月0.396187ドル
2020年6月0.365715ドル
2020年9月0.263572ドル
2020年12月0.606617ドル
2021年3月0.636159ドル
2021年6月0.398912ドル
2021年9月0.386582ドル
2021年12月0.127557ドル
2022年3月0.65271ドル(←最新)

2022年3月の配当金は「0.65271ドル」でした。

昨年度の3月が「0.636159ドル」でしたから、2.6%の増配でした。。

2021年12月が大減配でしたが、今回の増配で、少し安心できました。

年始からの価格推移

2022年年始から、米国の主要3指数は大きく下落しています。しかし、SPYDの価格は下落していません。ここでS&P500と比較してみましょう。

年始からのS&P500とSPYDの比較

年始の価格を100として、それから何パーセント価格が変更しているかという価格推移です。

見ての通り、S&P500は最大10%ほど下落し、大きく調整しているますが、SPYDは、最大3%程度の下落で済んでいて、大きく下落することはありませんでした。

その点で、この調整局面でも心が乱されることはありませんでしたね。

皆さんは、これをどのように評価されますでしょうか。

さて、いったい私はいくらもえらるのでしょうか。見ていきましょう

受取配当金履歴

年月口数受取配当
2020年3月102.87
2020年6月5514.5
2020年9月9718.42
2020年12月13960.63
2021年3月17781.01
2021年6月21060.29
2021年9月24267.45
2021年12月27425.14
2022年3月304142.59

2022年3月24日に「142.59ドル」が振り込まれました。

ワタシは毎月5万5千円を上限として、SPYDを積み立ててます。よって、口数は右肩上がりで増えています。

現在の評価額は、「12,999.04USDドル」、だいたい150万円くらいですね。

よって、配当利回りは、だいたい税引き後、年換算で年利で4.4%程度です。

前回、2021年12月の配当金額が年換算で0.9%程度だったので、大幅に改善しました。ただ、SPYDの配当金額は支払い月によって大きく変わるので、1年通して評価する必要ありそうですね。

なお、ワタシ積み立て履歴については、以下の記事もご参考くださいませ。

これからも、SPYDを積み立てていこうと思います。