HDVでどのくらいの配当金をもらえたか?(2022年6月)

この記事は2022年6月に受け取れたHDVの配当金に関する記事です。

2022年9月の配当金情報については以下をご覧ください。

HDVでどのくらいの配当金をもらえたか?(2022年6月)

HDVとは?

まず、HDVとはどのようなETFであるかの概要です。

名称iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF
ティッカーHDV
設定日2011年3月29日
ベンチマークモーニングスター配当フォーカス指数
総経費率0.08%
分配頻度四半期毎
組み入れ銘柄75

高配当ETFといえば、SPYDと並んで有名なのが「HDV」ですよね。

ブラックロック社のページでは、2022年4月29日の価格で、ファンドの過去12ヶ月分配金利回りが「3.28%」と記載されています。

配当金履歴

2020年9月0.850765ドル
2020年12月0.923235ドル
2021年3月0.882118ドル
2021年6月0.810317ドル
2021年9月0.764133ドル
2021年12月1.051454ドル
2022年3月0.769760ドル
2022年6月0.569695ドル(←最新)

2022年6月の配当金は「0.569695ドル」でした。

2022年6月8日の価格はで「108.68ドル」ですので、配当利回りは「0.52%」くらいですね。年換算では2.08%程度でした。

2021年が6月が「0.810317ドル」だったので、29.69%大減配でした直近でも0.5ドル代の配当金はなかったので、予想外の大減配といっても過言ではないでしょうか。

年始からの価格推移

2022年年始から、米国の主要3指数は大きく下落しています。しかし、HDVの価格はそれほど下落していません。ここでS&P500と比較してみましょう。

HDVとS&P500の年初来比較

年始からS&P500は大きく下落し、14%程度の下落していて、日中のザラ場で一瞬だけ20%下落したこともありました。

一方でHDVは下落はなく、むしろ上昇していて、年始から7.4%上昇しています。

これは、SPYDでも見られる傾向です。

やっぱりいろんな分散は必要だとワタシは痛感しました。

今回の大減配は正直不満ですが、インカムゲインは冴えませんが、キャピタルゲインは悪くなく、文句を言うのを止めました(笑)。

さて、ワタシはいくらくらい配当をもらってきたのでしょうか。

受取配当金履歴

年月口数受取配当
2020年9月169.82
2020年12月2415.96
2021年3月4126.03
2021年6月5029.19
2021年9月6636.23
2021年12月7455.92
2022年3月9049.81
2022年6月9739.68

2022年6月の配当金は税引き後の配当金額が「39.68」ドルでした。

ワタシは毎月5万5千円を上限として、HDVを積み立ててます。よって、口数は右肩上がりで増えています。

ですが、受取配当は右肩上がりではないのが悲しいですね。

実際の受け取りでは、税金があり、0.52%の利回りになりません。だいたい(配当金)×0.72くらいになりますね。

2022年6月9日現在のワタシのHDVの評価額は、「10,541.96ドル」で日本円で「1,413,044円」でした。

YOC(Yield On Cost)は?

YOCとは、「Yield On Cost」のことで、取得単価に対する配当利回りを計算する方法です

現在のワタシの平均取得単価は「94.76 USD」です。

ですので、今回の配当の利回りはワタシにとっては「0.60%」でした。

年換算では「2.40%」でした。

ご参考

なお、ワタシ積み立て履歴については、以下の記事もご参考くださいませ。

まとめ

HDVの価格は、年始からの下落ももろともせず110ドルをうかがう価格になってきました。

しばらく低迷していた時期でもずっと積み立ててきてよかったです。

今回は大減配になりましたが、引き続き積み立てていく予定です。